関係者事情通の競馬予想ブログ
*
関係者事情通の競馬予想ブログ > 2018年予想結果 > 【マーメイドステークス2018】予想・極秘裏情報!牝馬のハンデ戦はこう買え

【マーメイドステークス2018】予想・極秘裏情報!牝馬のハンデ戦はこう買え

【マーメイドステークス2018】予想・極秘裏情報を中心に、難解な牝馬ハンデ戦の買い方を書きたいと思います。

 

 

 

先週行われた鳴尾記念と同距離・同コースで行われる牝馬ハンデ重賞競走

 

 

ただでさえ難解な牝馬限定レースの中でも、先行力が必要になるコースなだけに、各馬の出方が気になるところです。

 

 

トップハンデは中山牝馬ステークス勝ち
昨年のクイーンステークス2着

トーセンビクトリー56キロ

 

 

次いで福島牝馬ステークスを勝ったばかりの

キンショーユキヒメ55キロ

 

 

愛知杯勝ち馬の

エテルナミノル55キロ

 

 

上記3頭はいずれも重賞を制している事を考えると、当然のハンデだと思います。

 

 

後は軒並み48~53キロと空馬同然の斤量なので、そのハンデ差がどう出るのかを考えて馬券を検討したいと思います。

 

 

 

  こうなると実況する方も大惨事…

 

 

 

一般的にハンデ戦と言うのはハンデキャッパー数名が協議し決めるのですが、特に日本のハンデキャッパーは優秀で、上記の様にゴール前横一線と言う場面が頻繁に見られます。

 

 

今回のレースも最軽量ハンデ48キロのスティルウォーターですが、同馬は1000万条件でも勝ち負け出来てない事もあり、このハンデでもなかなか手が出辛いところ…

 

 

では!

 

 

斤量が1キロ違うとどれほど競争結果に差が出るものなのでしょうか?

 

 

諸説ありますが、1番有力なのがコチラ

 

1キロ≒1馬身≒0.2秒

 

と言うものです!

 

 

まぁ、芝とダートでも若干の違いはありますが、イギリスでのハンデキャップ競争が始まった時代から「1ポンド(約0.45キロ)=半馬身(約0.1秒)」という考えが主流だったようです。

 

 

その解釈が日本でもタイムの指数化を測る上で浸透したと言えそうで、JRAのハンデキャッパーも原則として「1キロ=0.2秒」でハンデを付けていると言うことでした。

 

 

と、言う事はです!

 

 

今回トップハンデのトーセンビクトリー(56キロ)と最軽量のスティルウォーター(49キロ)では、その斤量差が7キロとなり、単純計算だと最初から7馬身(1.4秒)の差があると言う事になります。

 

 

1馬身の差というのは、そのレースでの各馬の大きさ(長さ?)や間歩(かんぽ)によって異なるのが当然なので、ここで正確な数値を出すことは出来ませんが、サラブレッドの場合、平均的な高さが約1.7m、全長が約2.4mと言う事もあって、1馬身は約2.4mと言う計算が成り立ちます。

 

 

なので、上記の2頭にとって16.8mもゴールの位置に差があっての競争と言う事なんです。

 

※この結果は単純計算ですから、必ずしもこうなると言う訳ではなく、参考までに計算した結果ですのでお間違いにならない様に!

 

 

 

この不確定要素に加え牝馬特有の気まぐれさが加わるので荒れない方がおかしい(笑)

 

 


  上記画像をクリック頂くと友だち登録出来ます

 

 

前置きがかなり長くなってしまいましたが、今回のレースで1番恩恵を受けそうな馬とその理由を少し書きたいと思います。

 

 

ズバリ最初から答えを書いてしまいますが…

今回僕が軸として狙いたい馬がこちらです!

 

 

マーメイドSの絶対軸馬がコレ→

※今回は東京ダービーが終了後公開します

 

 

今回のハンデ順って、ほとんど本賞金順に並んでいるんです。

 

 

イヤイヤ決してハンデキャッパーの怠慢と言ってる訳ではありません!それが本来のハンデなんでしょうから(笑)

 

 

ハンデ重賞を紐解く際に最も重要視しなくてはならない事それは…

 

 

戦って来た相手関係とその着差!

 

 

今回穴人気しそうなミリッサを例に挙げるなら、同馬は3歳時のローズステークスで、ラビットランからコンマ4秒差の4着!それに阪神牝馬ステークスではミスパンテールからコンマ4秒差の7着と、いずれのレースでも勝ち馬からの着差は僅かなものだったにも関わらず今回の負担重量は53キロ

 

 

阪神牝馬ステークスでエテルナミノルに先着しているにも関わらず3キロの斤量差を貰っているのは有利意外の何者でもありません。

 

 

 

人気ブログランキングに記した軸馬は

トーセンビクトリーやキンショーユキヒメに先着した実績がありながらこの斤量は、勝ってくれと言わんばかりのアドバンテージ!

 

 

 

この馬が馬券に絡まなければ、ハンデ戦の考えを根底から考え直さなくてはいけなくなりますので、それでは大変困ります(笑)

 

 

 

マーメイドSの買い目は無料メルマガで公開

コチラから登録!無料メルマガ登録

 

 

大波乱に繋がる裏情報を最終的な見解を交え無料で配信させていただきます。

 

メールが上手く受信出来ていない方は

@keibamag.comの受信設定をお願いします。

 

 

 

 

安田記念の結果報告

先週行われた【安田記念】ですが、僕が本命に推奨したのは牝馬のアエロリットでした。

※以下印と着順

 

東京競馬
11R 安田記念
◎ 4番アエロリット
○ 5番ペルシアンナイト
▲14番リスグラシュー
△ 1番スワーヴリチャード
激 9番レッドファルクス
抑→10,15

 

<推奨買い目>
馬連流し
◎ー◯▲△激(4点)

 

3連単1着固定流し
◎→印(30点)

 

<結 果>
抑→◎→△で632倍

もう悶絶意外の何者でもなかったです(T_T)

 

『ぶっ壊し』は大成功だったのですが、指定買い目はアエロリット1着固定流し…いつもと違う事すると結局こんなになってしますと言う典型でしたね。

 

ブログでも勝ち馬のモズアスコットの事に大きく触れてましたので、その一部を抜粋して紹介させて頂きます。

 

※以下実際のブログ記事から抜粋
——————————————

ここで面白い存在になりそうなのが

モズアスコット
本賞金的に最後まで出走判断が難しかったですが、何と連闘で今回のG1にぶつけて来ました!

 

しかも今回の鞍上はルメール
不気味意外の何者でもありません…

前走の安土城ステークスの様な内目の枠より、揉まれ難い外枠の方がいいのは間違いなく、マイル適正は十分と来れば抑え以上に面白い存在になりそうです。

 

体調面で問題がないからこその連闘策なので、もしかしたら同馬が最後の直線でひょっこりと顔を覗かせる可能性は十分あります。

——————————————

 

メルマガ読者様からもこんな嬉しい的中報告が届きました!

 

メルマガ読者M様からのメールと的中報告

 

 

上記他にも的中報告が多数届きました

 

 

3連単マルチ流しで約19万円払い戻し

 

 

無料配信が的中しないと

「無料だからと言って手を抜いてるんだろ?」

と叱られたり…

 

無料配信が大的中すると有料会員様から

「無料で出す情報じゃないだろ?」

「こっちだけに情報出して欲しい」

 

な~んてメールが届く昨今ですが、僕はどちらも決して手を抜いたりしてませんのでご安心下さい(笑)

 

 

 

 

意外と?大好評なんです!

 TEKKENのLINEスタンプ

※これも画像をクリック頂くだけでご覧になれます

 

 

 

 

 

【SCIクラブ】の詳細については

【SCIクラブ】詳細

 

 

この2年間色んな情報系サイトや関係者情報をうたっているブログを沢山見てきましたが、本当に関係者と繋がっていて、本物の裏情報を提供出来るのは僕だけだと言う自信があります!

 

 

高配当を得る何度もありません!

裏情報を知るチャンスをお見逃されません様に…

 

 

各種お申込み・的中報告は下記まで!

TEKKENへメール

 

 

本日は以上になります。

 

【ご入会前の注意事項】

【特定商法取引法表記】

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
TEKKEN

TEKKEN

競馬の裏側を制すものが馬券を制すというのをモットーに予想をお届けしています。地方競馬の本音と建前や競馬における闇などを書いているブログです。
メルマガ登録・解除 [ ID:007080 ]
登録  解除     読者規約
ブログでは書けないネタや予想等はメルマガでも配信中です。
powered by 競馬TV