関係者事情通の競馬予想ブログ
*
関係者事情通の競馬予想ブログ > 2016競馬予想記事 > 【鳴尾記念2016】予想と基本データによる出走馬分析・6/3浦和競馬穴馬情報

【鳴尾記念2016】予想と基本データによる出走馬分析・6/3浦和競馬穴馬情報

【鳴尾記念2016】の予想と出走馬分析を中心に、6/2浦和競馬の厳選穴馬情報をお伝えしたいと思います。

 

 

 

自分の基本スタンスは、過去のデータよりも当日の馬の状態や、コース・芝、ダートの適正・歩様などを馬体から読み取って馬券を組む場合が事が多いですので、「有馬記念はステイゴールド産駒が強い」とか「天皇賞春には8歳馬以上は馬券対象外」と言うのはある程度認めては居るものの『毎年走るメンバーは違うんだから…』と、あまり気にしません。

勉強

確かに父馬・母馬から競争能力を受け継ぐので、特に距離適性や気性などは血統が重要だと言われてますし認めます!父の良い面(悪い面)が遺伝すると父が得意だったコースでの複勝率は上がると思います

 

父(母)の違いで馬体の造りも変わってきますので、血統的なデータもある程度必要でしょうね。

 

馬券にも傾向と対策は不可欠で、重賞データに関しても(先週も書きましたが)『1枠が抜群に良績』とか、重賞の傾向ってあるんだなぁと納得してまう内容も多数あります。

今回は【鳴尾記念2016】の出走予定馬でコース&距離にウエイトをおいたデータでの最有力馬を調査したいと思います。

 

 

※複勝率上位ベスト5を選出

 

<コース適性>阪神芝

 

1位パッションダンス 75%

 

2位ステファノス 61.5%

 

3位サトノノブレス 54.2%

 

4位アズマシャトル 52.9%

 

5位ヤマカツエース 50%

 

 

<距離実績>2000m

 

1位サトノノブレス 85.7%

 

2位ヤマカツエース 75%

 

3位アズマシャトル 62.5%

 

4位ステファノス 50%

 

5位パッションダンス 42.9%

 

上位5頭をピックアップしてみて、パッションダンスは阪神コースでの実績はあるけど、2000mでは5割を切っている点がマイナスに感じますね。左回り巧者かな?

 

このデータだけで軸馬を探すと言うのはちょっと強引な気もしますが、2つのファクターだけで見るなら平均での複勝率トップのサトノノブレスと言う事になります。

 

確かにサトノノブレスも軸馬としては面白いですが、個人的には他の切り口から狙ってる馬が居ます

 

それがこの馬⇒人気ブログランキングへ

 

同馬はいつも軽視されて穴を出すタイプですし、そんな馬はいつも人気しない!

去年もそんな感じでしたね(笑)

 

ここも一発うち上げてもらいたいものです。

 

 

 

<6/3浦和競馬厳選穴馬情報>

 

まずは3Rですが、ここのレースは3歳下級条件戦だけあってどの馬が勝っても不思議ではありませんし、点買いも読み辛いですが、情報馬は理由があってデビューが遅れ、しかもほとんど競馬場で調教してない状態で競馬をしてました。

 

地方競馬ではありがちなのですが「レースで調教する」と言う、スーパー追い切りを重ねて来た結果、前走後からかなり馬っぷりが変わって来たそうです。

 

昨年末まで育成牧場に居て、何とか馬主が決まりバタバタ入厩した同馬ですが、今回本格派した姿が見れるかも知れない楽しみなレースになりそうです。

 

※他にも浦和最終レースと、笠松2Rの勝負馬を記載してますのでご参考にされて下さい。

人気ブログランキングへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
関係者情報通

関係者情報通

競馬の裏側を制すものが馬券を制すというのをモットーに予想をお届けしています。地方競馬の本音と建前や競馬における闇などを書いているブログです。
メルマガ登録・解除 [ ID:007080 ]
登録  解除     読者規約
ブログでは書けないネタや予想等はメルマガでも配信中です。
powered by 競馬TV